ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月22日

グラードバッハ、モレト・カサマとグリフォ獲得か

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800_600-1495440594

再びボルシア・メンヒェングラードバッハは、期待の若手選手の獲得に成功するのだろうか?ポルトガルのユース代表では、U19まで一貫して選出されてきた期待の若手MFモレト・カサマの名前が浮上。

確かに所属するFCポルトではトップチームでの出場機会はないものの、その一方でユースリーグでは目覚ましい活躍を披露しているところだ。ボランチのみならずCMFとしてもプレーが可能であり、グラードバッハは5年契約を提示している模様。

これまでグラードバッハでは、10代のうちに獲得した選手が、トップチームで確固たる役割を得ることが多くみられており、例えば昨季ではニコ・エルヴェディとアンドレアス・クリステンセン、さらに今季もらシュロ・ベネシュらが活躍。怪我に泣かされたが、今冬にはパリSGからママドゥ・ドゥクレも獲得している。

一方でグラードバッハは、さらにフライブルクのヴィンセンツォ・グリフォの獲得にもせまっており、フライブルクのフリッツ・ケラー会長は日曜、メディアに対して同選手が退団することを認める発言を行なった。

同選手トフラウブルクとの契約には、移籍金およそ600万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報