ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月28日

サプライズ演じたフラブルクの主力グリフォがグラードバッハへ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1495614778
昨日にボルシア・ドルトムントがDFBポカールを制したことにより、今季7位のフライブルクはヨーロッパリーグ予選への出場が確定したのだが、その喜びの裏で今季の飛躍を支えた主力選手の移籍が明らかとなった。

ヴィンセンツォ・グリフォがボルシア・メンヒェングラードバッハと2021年までの契約を結んでいる。

24歳のイタリア人MFはフライブルクとの契約を残していたものの、契約に含まれていた例外条項により、移籍金600万ユーロでグラードバッハが獲得に成功した。

グラードバッハのマックス・エベールSDは「ヴィンセンツォ・グリフォは、フライブルクでのここ2年間で非常に興味深い成長を遂げ、チームの飛躍に大きく貢献した選手だ」と評価。

「彼のオフェンス面でのクオリティは、我々をよりフレキシブルにさせてくれるものだし、彼を迎え入れることができて嬉しく思うよ」と喜びを述べている。

2012年にカールスルーエからホッフェンハイムへと加入したグリフォは、そこで宇佐美貴史と定位置争いを展開。その後は2部ドレスデン、FSVフランクフルトと渡り歩き、2015年に2部に降格したフライブルクへと加入。

そこで主力として1部昇格に貢献すると、今季は6得点12アシストをマークするなどオフェンス陣を牽引。セットプレーも得意としており、サプライズを演じたチームのなかでフィールドプレイヤー最高となるkicker採点平均3.16を記録した。

なおグラードバッハは今季9位でフィニッシュしているため、欧州の舞台に立つことはできない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報