ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月31日

ハイメロートが現役続行、引退後もクラブに残留

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

heime8-1496225599
既報通りクリストファー・ハイメロートが現役を続行し、来季もグラードバッハでプレーすることが明らかとなった。ただし今回はただの延長だけではなく、その後のクラブ内でのポジションも確約された形となっている。

2006年にシャルケからグラードバッハに加入したハイメロートは、所属する選手のなかでは生え抜きのヤンシュケ、コルブと並ぶ最も古株の選手であり、マックス・エベールSDは「クリストファーは選手評議会のメンバーで、あまりプレーはできなくとも、ロッカールームえとても重要な役割をになってきた。それはこれからも変わることはない」とコメント。

まずはゾマー、シッペル、ニコラスらとともにGK陣を形成してシーズンへと入り、予定では来年の1月から「第2の人生」のスタートとして、チームマネジメントの分野へと足を踏み入れるとのこと。

ハイメロートはこれまでブンデス1部43試合、ブンデス2部33試合に出場。グラードバッハではリーグ戦68試合に出場している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報