ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月21日

グラードバッハがイングランド期待の若手DFオックスフォードをレンタル

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜午後にボルシア・メンヒェングラードバッハは、残された詳細をつめ、正式にリース・オックスフォードを獲得したことを発表した。ウェストハムとの契約を2021年まで残すDFは、1年間の期限付きでブンデスリーガへと挑戦する。

グラードバッハのマックス・エベールSDは、「イングランドのすべてのユース代表でプレーする、英国でもっとも才能ある若手DFの一人と目されている選手だ。大変に興味深い選手をチームに加えることができたよ。それにプレミアからのレンタルという点では、これまでにも我々はいい経験をしているのでね」とコメント。

グラードバッハではこれまでにも、チェルシーからレンタルしたトルガン・アザールやアンドレアス・クリステンセンをはじめ、アーセナルからレンタルしたハヴァルト・ノルトヴァイトなど、プレミアのクラブからレンタルした選手を主力選手として活躍させた実績がある。

さらに若手の積極起用という点でも、前述のクリステンセンやエルヴェディなどが10代から主力選手として活躍した。ただボランチもこなすオックスフォードが加入する一方でマルヴィン・シュルツやジブリル・ソウといった選手については、出場機会をもとめて新天地を模索することになるかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報