ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月29日

シュトランツルがユースのコーチとしてグラードバッハに復帰

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年に現役を引退したマルティン・シュトランツルが、1年間のブランクを経て再びメンヒェングラードバッハへと戻ってくる。

ボルシア・メンヒェングラードバッハは木曜、37歳の元キャプテンが来季から、U19にてアシスタントを務めることを発表した。

マックス・エベールSDは「マルティンはコーチ業に関心を示しており、その第一歩をここグラードバッハでスタートさせることを決めてくれて嬉しく思うよ」とコメント。

なおトーマス・フラート氏が率いるU19では、かつての盟友オリヴァー・ノイヴィル氏もアシスタントを務めている。

ユース/アマチュア部門でディレクターを務めるローランド・ヴィルクス氏は「彼の豊富な経験とかもしだす雰囲気は、我々がもつ期待の若手たちに多くのものをもたらしてくれることだろう」と期待感を示した。

シュトランツルは2011年から2016年までグラードバッハにてプレー。公式戦145試合に出場し、守備の要として長年にわたりチームを支え続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報