ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月03日

ギンターのグラードバッハ移籍が間近に

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マティアス・ギンターのグラードバッハ移籍が間近に迫っている。先日コンフェデ杯優勝を果たしたばかりの同選手だが、kickerが得た情報によればプレミアからの好条件のオファーに首を縦にふらず、これまで3度獲得に乗り出したグラードバッハ入りを決断した模様だ。移籍金額は1500万ユーロ付近とみられている。

2014年に移籍金1000万ユーロでドルトムントに加入したギンターは、今季は公式戦42試合(リーグ戦29試合、ポカール5試合、CL8試合)に出場。ドルトムントとの契約は2019根まで残されていた。

一方でグラードバッハでは昨季まで守備の要を務めていた、アンドレアス・クリステンセンがチェルシーへと復帰することになっており、ボランチもSBもこなすギンターではあるが、新天地ではセンターバックとして起用されることが有力視されている。

グラードバッハ、ファヴレ元監督と再会

グラードバッハは今夏の準備期間の日程を完全に埋めたことを発表した。7月17日から7月23日にかけて行われるロットアッハ=エーガーンでのキャンプでは、7月20日に2試合のテストマッチを実施。日本時間21時15分からリーズ・ユナイテッドと、さらに18時からは元指揮官ルシアン・ファヴレ氏率いるニースとのテストマッチが行われる。

さらに7月29日の日本時間23時からは、ホムベルク(デュイスブルク)にてマラガとテストマッチを行うことも発表。これによりグラードバッハは、今夏の準備期間の日程全てを埋めることとなった。