ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月07日

ギンター獲得で、今冬加入のコロジエチャク売却?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日から新たなシーズンに向けて動きだしたグラードバッハ。土曜日には最初のテストマッチ、ヴッパーターラーSV戦が控えており、これから定位置争いがはじまることになるのだが、しかしその一方で開幕までにチームを後にする選手もでてくることになる。その候補の一人は、今冬に移籍金750万ユーロを投じて獲得したティモテー・コロジエチャクだ。

EL王者セビージャから2021年までの契約で加入した25歳のフランス人CBだったが、グラードバッハではリーグ戦わずか1試合の途中出場と、1試合の国内カップ戦、そしてヨーロッパリーグでの出場のみにとどまり、まだアピールを行うことができていない。

確かに今冬にアンドレアス・クリステンセンがチェルシーに復帰したことから、コロジエチャクにとってはチャンスが到来したかのようにもみえたが、しかし先日グラードバッハはドイツ代表マティアス・ギンターを獲得。ボランチや右SBでもプレー可能とはいえ、首脳陣はクリステンセンの穴埋めとして期待していることを既に明かしている。

ビジャルバが病院へ搬送、ドルミッチには進展

なおそのヴッパーターラーSVとのテストマッチでは、ジュリオ・ビジャルバは欠場を余儀なくされることになる。同選手は練習中にボールを顔面に受けて、一瞬意識を失っており、そのまま病院に搬送された結果、脳震盪を抱えていることが判明した。

また膝の手術からの復帰をめざすヨシプ・ドルミッチについては、再びピッチでトレーニングをこなす姿が見られているものの、しかしながらこのテストマッチで出場するところまできているのかはまだわからない。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報