ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月10日

グラードバッハのヘッキング監督「我々は1部。勝ち抜けが前提条件」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日に行われるDFBポカール1回戦エッセン戦では、ヤンシュケ、オックスフォード、ドゥクレ、シュトローブル、コロジエチャクら、ドルミッチをのぞく離脱選手5選手が守備的選手という状況にあるが、しかしヘッキング監督には不安はないようだ。

「確かに最初の公式戦を前にして、守備陣の選手層は厚いとはいえない。しかしまだあと一人離脱したしても対処することは可能だよ」とコメント、おそらくはこの試合ではエルヴェディ、ギンター、ヴェステルゴーア、ヴェントの4バックで臨むことだろう。

なお今回の相手は4部だが「我々は1部のクラブなのだから勝ち進むことが前提だ」と指揮官。「エッセン戦ではどういう戦いになるかは頭に入っているよ。ナイターで、1部なみの雰囲気をもったスタジアムで、全力をなげうってくるチームを相手に戦うことになるんだ。」

そのため選手たちには「ただしい姿勢で試合に臨むということ。対人戦にちゃんとのぞみ、テンポをもって自分たちのプレーをすることだ。もしもそれができれば勝利を収めることができる」と要求を述べた。