ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月15日

デュッセルドルフでブレイク中のノイハウス、グラードバッハは今冬「早期復帰の可能だが…」

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


木曜日に行われたプレスカンファレンスでは、週末に行われる試合だけでなく、現在2部デュッセルドルフへとレンタルし、ブレイクを果たしたフロリアン・ノイハウスにも話が及んだ。

ここまでデュッセルドルフは開幕から5戦無敗。勝ち点13を稼いで首位に立っており、そのなかでも20歳のMFは先日のウニオン・ベルリン戦の終盤で決勝弾を決めるなど、非常に大きくチームに貢献しており(kicker採点2.25)、今夏に1860ミュンヘンから獲得したエベールSDにとっては再び成功を収めたといえるだろう。

なお本来はレンタル期間は1年ではあるのだが、しかしグラードバッハには今冬に早期復帰させる「シナリオ」が現実的には存在することを同SDが明かしている。「ただし、試合を追うごとにその可能性は低くなってきているがね」

つまりは「あまり出場機会がえられなかった場合」を考慮したものであり、「そのときにはクラブが彼を引き戻し、そして別のところへとレンタルする」ことを目的としたもので、レンタル料は80万ユーロならが、出場試合数に応じて減額していくことに。

「クラブが選手をレンタルする場合、もっとも考慮するのはその選手が実際にプレーできるのかということだからね」と説明した同氏は、そのため「もちろんレンタル契約には引き戻すためのオプションもつけられる。もしも出場できなかった場合に、別のシナリオを用意できるようにね」と言葉を続けた。

現状を見る限りはノイハウス、グラードバッハ、そしてデュッセルドルフ全ての関係者において、まさにウィン・ウィンの状態にあるといえるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報