ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月29日

ヘッキング監督「チーム全体の力が求められている」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「ハノーファーは一体感をもってプレーしている。それは外から見ても一目瞭然だ。みんなで成功を掴み取っており、ここまで6試合ですでに勝ち点12というのは、昇格組としてリスペクトに値するよ」木曜日に行われたプレスカンファレンスにて、グラードバッハのディーター・ヘッキング監督はそう語った。

前節のドルトムント戦では1−6と惨敗を喫したが、しかし「ここ二日はいい練習を行えている。選手たちに闘志がみなぎっているのはみなさんにも見てもらえているのではないかな。我々はハノーファー戦で勝利をおさめる必要がある。それを実際に土曜日に形として出して行きたい。」とコメント。

「チーム全体が求められている状況だ。それはコーチ陣も、そしてドルトムント戦でプレーしていない選手たちも含まれる。何人かの選手の入れ替えを行う可能性はあるよ」と、先発メンバーを交代する可能性についても言及している。

その一方で筋肉の問題でヨナス・ホフマンが欠場するほか、膝に問題を抱える守護神ヤン・ゾマーについては、いまだ出場に疑問符がついているところだが、ヘッキング監督は「トビアス・シッペルには全幅の信頼を置いているし、その期待に彼は答えてくれている。素晴らしいGKだし、そんなバックアップがいてくれて、ただ嬉しい限りだよ。彼がプレーすることに不安など感じてはいない」と強調した。