ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月30日

今季精彩を欠くヴェステルゴーアが先発から降格の危機

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節ではボルシア・ドルトムントに6失点という大敗を喫したボルシア・メンヒェングラードバッハ。確かにその全ての責任がセンターバックにあるというわけではないのだが、しかしkicker採点6に見て取れるように精彩を欠いたプレーを露呈したことには代わりない。

特にヤニック・ヴェステルゴーアに至っていえば、シーズン全体でみても4.08と非常に低いkicker採点平均を記録。昨季は同国出身のクリステンセンと共に、守備の要としてチームを支えていたのだが、しかし今シーズンはパスミスが目立ち、空中戦でも存在感をみせられず、さらに俊敏な選手への対応に苦しむなど思うようにいかない日々が続いているところだ。

果たして今節のハノーファー戦では、ディーター・ヘッキング監督は入れ替えを行ってくるのだろうか?「その可能性は当然あるさ」とベテラン指揮官。「しかしドルトムント戦でプレーした選手に、再びチャンスを与えるという可能性だってあるよ」と言葉を続け、手の内を明かすようなことはしなかった。

なおGKのポジションでも入れ替えが行われるかもしれない。こちらはシッペルが及第点のパフォーマンスを見せているものの、守護神ヤン・ゾマーが膝の負傷から回復を果たしており、ヘッキング監督は「もしゾマーが出場できればうれしいが、シッペルの起用を不安視しているわけではない」と、あくまで「全幅の信頼を寄せている」ことを強調している。

グラードバッハの先発予想:ゾマー – エルヴェディ, ギンター, ヴェステルゴーア, ヴェント – クラマー, ザカリア – ヘルマン, アザール – シュティンドル, ラファエル


  • ブンデスリーガ・各チーム情報