ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

バイエルン戦ではジョンソンとグリフォの入れ替えも?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


確かに週末に行われたヘルタ・ベルリン戦では、4−2と快勝をおさめることに成功したボルシア・メンヒェングラードバッハ。とくに週末には、現在飛ぶ鳥を落とす勢いにある王者バイエルン・ミュンヘン戦が控えていることをかんがえれば、特にこの勝ち点3は重要な意味合いをもつといえるだろう。

だがその一方でこの試合において、グラードバッハにとってまったく問題点が露呈されていなかったというわけではない。特にオスカー・ヴェントとファビアン・ジョンソンによる左サイドについてはあまり効果的ではなく、特にジョンソンに至っては試合中に置いて存在感が消えてしまっていた。

米国代表MFは、両サイド、そしてその前後でプレ=可能なオールラウンダーとして、これまでグラードバッハでは貴重な戦力として出場機会を確保してきた。しかしながら今回のように、その存在感が消えてしまうことはしばしば見受けられており、そのため次節では先発の入れ替えも行われることになるかもしれない。

そこで候補としてあがってくるのが、今夏に移籍金600万ユーロを投じてフライブルクから獲得したヴィンセンツォ・グリフォだ。セットプレーのスペシャリストは、膝の負傷にも見舞われたが、ホッフェンハイム戦でもその得点力をみせるなどアピール。

しかしながらディ=ター・ヘッキング監督からは、その練習でみせているパフォーマンスに対して苦言を呈されており、それが結果としてベルリン戦でも、2得点をあげたラファエルと交代で、試合終盤に投入される要因となってしまった。定位置争いのなかで、ジョンソンが見せている隙ではあるのだが、そのライバルはチャンスをまだうまくいかせずにいる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報