ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月25日

王者とのホーム戦。自信をもって臨みたいグラードバッハ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンはここまで、ボルシア・ドルトムントとバイヤー・レヴァークーゼンの2試合で大敗を喫しているボルシア・メンヒェングラードバッハ。週末に行われるバイエルン・ミュンヘン戦は、そんな守備陣にとって大きなチャレンジとなるが、マティアス・ギンターは「これまでバイエルンとの熱い戦いは何度も経験しているよ。」と語った。

昨年まで在籍したドルトムントでは、1年前の前半戦でバイエルン相手に1−0で勝利をおさめた経験ももつ。その後グラードバッハへと移籍。確かに古巣を含め2試合での大敗はあったとはいえ、ここまでリーグ戦12試合でフル出場をつづけており、特にホッフェンハイム戦やハノーファー戦などで見事なパフォーマンスを披露しているところだ。

チームも現在4位と、チャンピオンズリーグ出場権獲得を伺える好位置につけており、今回ホームで迎える王者との一戦は、まさに実力が試される1つのハードテストともいえるだろう。特に最近はアウェイ戦で公式戦4連勝をかざる一方で、ホーム戦ではもろさもみせているだけに、ホームの観衆の前で善戦を演じて見せたい。

この試合で、ファビアン・ジョンソンに代わり先発起用の可能性もあるヴィンセンツォ・グリフォは「バイエルンはユップ・ハインケス監督復帰から安定しているし、自信を蓄積しているね。」と警戒。だがその一方で、セットプレを得意とする攻撃的MFは「バイエルン戦では、どんなミスだってその代償を高く支払うことになってしまう。とにかく僕たちは、最高のパフォーマンスがこの日必要なんだ。勝ち点を得るためにはね。」と意気込みを語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報