ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月28日

バイエルン戦でフル出場を果たした元ドイツ代表ヘルマン。完全復活なるか

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたバイエルン・ミュンヘン戦では、ここまでハインケス監督復帰から全勝を続けていた王者を相手に大金星をあげてみせたグラードバッハ。その歓喜の輪のなかに、この日復活にむけて大きな前進をとげた1人の元ドイツ代表MFの姿があった。

2008年からボルシア・メンヒェングラードバッハにてプレーしてきたパトリック・ヘルマンは、ルシアン・ファヴレ監督時代には現ドルトムントのマルコ・ロイスらと共に攻撃陣を牽引。これまでチャンピオンズリーグをはじめ数多くの国際舞台を経験し、ドイツ代表へと選出されるまでの飛躍を遂げている。

しかしここ数年は負傷に悩まされ続けており、特にグラードバッハではアザール、トラオレ、ジョンソン、ホフマン、グリフォら、ウィングでは特に激しい定位置争いが繰り広げられていることもあって、まだ完全復活をめざす段階にあるヘルマンは今季先発わずか3試合に止まっていた。

しかし他選手の負傷や不振などの影響で、週末のバイエルン戦で再び先発のチャンスをつかむと、ヘルマンはこの試合13kmを走破する非常に精力的なプレーでチームの勝利に貢献。特にこのタイミングでフル出場を果たせたことは、同選手にとって大きな自信へとつながったことだろう。

「とても苦しい時期が続いた。実質的に僕は、ずっと怪我が続いている状況だった」と振り返ったヘルマン。今回の大金星でのパフォーマンスを勢いに変え、完全復活への足がかりとしていきたいところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報