ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月02日

クラマーが頭部打撲で欠場、代役はギンター

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われるヴォルフスブルクでのアウェイ戦は、昨シーズン途中まで監督を務めてきたディーター・へっキング監督にとって思い入れの強い試合であることはいうまでもない。「あのときのことを忘れることはないよ。とても成功に満ちた時間だったからね」

そう語った指揮官は、ヴォルフスブルクについて「下位から脱出できるだけのクオリティを持っているし、明らかにここ数週間は安定感が増している」と警戒心を示した。

だがここのところグラードバッハはアウェイ戦3連勝。さらに前節でのバイエルンとのホーム戦では金星をあげるなど、この良い流れを継続していきたいところ。「今季バイエルンから勝利したチームは、その次の試合では敗れているがね。その呪縛を最初に解き放ちたい」と指揮官。

なお今回の試合では、ボランチのクリストフ・クラマーが頭部の打撲のために欠場。おなじくトニ・ヤンシュケも頭部の打撲で欠場となっており、さらにトビアス・シュトローブルは靭帯断裂で長期離脱中。

そのため前節バイエルン戦と同様に、センターバックのマティアス・ギンターがボランチとしてプレーすることになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報