ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月11日

宿敵ケルンとのダービー迫る、グラードバッハの先発メンバーは?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末には宿敵ケルンとの後半戦初戦が迫っているボルシア・メンヒェングラードバッハ。負傷中のジョンソン、トラオレ、ベネシュ、シュトローブル、ドゥクレ、ボバディジャらと共に、軽傷ながらラファエル(ふくらはぎ)とニコ・エルヴェディ(鼠蹊部)の出場も危惧されているところだが、果たしてグラードバッハはどのような布陣で臨んでくるのだろうか。

まず守備陣についてはヴェステルゴーアとギンターによるCBコンビ、さらには左SBのヴェントは安泰だろう。中盤でも前半戦でアピールしたキュイザンスも控えるが、クラマーとザカリアがファーストオプションか。さらにオフェンスでも、前半戦で牽引したアザールと主将シュティンドルは先発に名を連ねることだろう。

その一方でもう1つのウィングの座については、負傷から回復したホフマンと今冬のテストマッチでアピールしたグリフォが争いを演じているが、もしもラファエル欠場でアザールがトップにスライドするなら2つのポジションがあくことにはなる。右SBではヤンシュケがエルヴェディの穴を埋める活躍はみていたのだが、エルヴェディの方が定位置争いでは一歩リードしているといえる。




  • ブンデスリーガ・各チーム情報