ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

あと一歩のところで結果に見放されているグラードバッハ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンのグラードバッハの不安定さを改めて露呈する試合となってしまった。週末に行われたRBライプツィヒ戦では、コンスタンさと一貫性に欠ける結果となり、試合終了間際にルックマンに決められて敗戦。前回も土壇場でドローに追いつかれており、グラードバッハとしてはこの2試合で勝ち点3を失った格好だ。

特にその問題となったのがチャンスでの決定力である。アザール、シュティンドル、ヘルマンらは、リードを奪うチャンスは幾度となく手にするものの、最後までゴールネットを揺らすことができず、ディーター・へッキング監督は「こういった展開であればドローに持ち込まないと。ケルン戦でも終盤に失点しているしね。接戦をものにできていないことには苦言を呈さなくてはならない」と語った。

ゾマーの代役を務めるシッペルは「とても残念だ。この試合には期するものがあったし、勝ち点3を獲得していいシグナルを送りたかったんだけど」と述べ、一方のクリストフ・クラマーは「いいパフォーマンスとはいえなかった。それは確かだけど、でもいいところもたくさん見られた。ただ得点を決めないとということさ。」と説明。


確かにゴールこそ決められなかったものの、先発の座を虎視眈眈と狙うヴィセンツォ・グリフォのように、この試合では特に守備面でアピールできた選手もいる。「とてもいい感じだよ。チームの助けになりたいし、オフェンス面でのアクションでもね。ただ勝ち点3が重要だけど。でもライプツィヒを相手に同等の戦いは見せていたのだし」と前向きにコメント。

しかしながら逆にアピールできていないのがヘルマンだ。長期離脱明けから意欲的なプレーをみせてはいるものの、ここのところはなかなか結果がついてこない。特に契約を来季まで残す同選手にとっては重要なタイミングではあるのだが。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報