ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月12日

グラードバッハに悪夢の週末!ヴェステルゴーアやグリフォらが更に負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


欧州の舞台を直接争う相手バイヤー・レヴァークーゼン戦で敗戦を喫し、ヨーロッパへの夢が遠ざかる結果となってしまったボルシア・メンヒェングラードバッハ。しかし残念な知らせはこれだけにとどまらなかった。

今季はシーズンを通じて、数多くの負傷離脱選手に悩まされてきたグラードバッハだが、さらにこの試合で守備の要ヤニック・ヴェステルゴーアが、相手選手との対人戦で不運な形で足をひねって負傷。中足の骨折と関節胞損傷、さらに靭帯にも伸びが見られるとのことで、このままシーズンを全休する可能性もでてきている。

さらにヴィンセンツォ・グリフォは膝の前・後十字靭帯を過度伸展しており、加えてリース・オックスフォードは大腿筋を損傷。クリストフ・クラマーも膝に負傷を抱えた。それでも守護神ヤン・ゾマーは「多くの離脱者がいるけど、このチームには十分なクオリティがある」とコメント。

「ただそのクオリティを、僕たちがピッチで発揮できていないんだ。それを改善していかないと」と述べ、「今の自分たちが置かれている順位表の状況は内容にみあったものだよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報