ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月14日

グラードバッハ、負傷離脱中のヴェントとラファエルに進展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜に行われたレヴァークーゼン戦で敗れ、欧州リーグ出場圏内まで大きく後退する結果となってしまったボルシア・メンヒェングラードバッハ。週末に行われるホッフェンハイム戦でこの流れを変えていきたいところだが、火曜日には明るいニュースが伝えられた。

午前の練習では負傷からの回復を目指しているオスカー・ヴェントラファエルが練習場に復帰。ただし実戦復帰を果たせるところまでいつ回復するかについては、これからの経過を見守っていくことになる。ヴェントは大腿筋を部分断裂して長期離脱が続いており、一方のラファエルもふくらはぎの筋肉系の問題に悩まされているところだ。

さらにグラードバッハでは、前十字靭帯断裂という大怪我から復帰をめざすトビアス・シュトローブルが、部分的ながらチーム練習へと参加。背中に問題を抱えていたファビアン・ジョンソンもここのところはチーム練習参加を果たしている。

またレヴァークーゼン戦で膝を負傷したクリストフ・クラマーについては、火曜朝は練習場に姿をみせておらず、水曜日にランニングメニューを再開する見通しとなっている。ただしこの日の練習は、へっキング監督は非公開にて行うところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報