ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月14日

クリストフ・クラマー、ランニング参加見送るも週末には「可能性はある」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本来の予定であれば、水曜午前の練習では軽いランニングメニューを行う予定となっていたクリストフ・クラマー。しかしながら膝に問題を抱える元ドイツ代表MFは引き続き練習場に姿をみせていない。

週末に行われるホッフェンハイム戦では、もしも今の悪い流れを変えられない結果となった場合に、一足早く欧州リーグ出場権争いから脱落しなけない重要な緯線という意味合いもあり、それでだけにヘッキング監督としてはクラマーの復帰を切望していることだろう。

なお同じく負傷を抱えていたラファエルオスカー・ヴェントについては、おそらくは復帰を果たすことになるだろうが、果たしてクラマーはどうか。「可能性はあるさ」と同選手。「日々の時間が僕にとっての助けとなるよ」と言葉を続けている。

ちなみに前回のホッフェンハイムとの対戦ではラファエル不在で臨み、前半を0−1で折り返すも3−1で逆転勝利をおさめるなど今季会心の試合の1つに。これまでの通算対戦成績でも、8試合の対戦で4勝3分1敗と相性が良い。

しかしながらその一方でホッフェンハイムは、ここまで後半戦での勝ち点数でリーグ全体下から3番目と不振がつづいており、その大きな要因の1つとして、最近8試合でわずか1度しか無失点に抑えきれていないディフェンスもあげられるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報