ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月17日

グラードバッハ、今度はクラマーが負傷で練習中断

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


月曜日に行われた定例会では、今シーズン多発した負傷者についても議題としてあがっていたが、火曜日に行われた練習では合計6選手が負傷を抱える状況となっており、なかでもクリストフ・クラマーについては、対人戦で不運な形で地面に叩きつけられ、途中で練習中断を余儀なくされている。

その後に受けた検査の結果、クラマーは腰椎と肩に打撲を受けていることが判明しており、金曜日に行われるヴォルフスブルクとのナイターに間に合うかどうかについては様子見となってしまった。

さらにグラードバッハでは、足首を負傷しているパトリック・ヘルマン、大腿筋に筋損傷を抱えるラウル・ボバディジャ、筋束を断裂したジュリオ・ビジャルバと大腿筋に部分断裂を抱えたママドゥ・ドゥクレらの姿はチームのなかでみられず、背中に長期に渡って問題を抱えるファビアン・ジョンソンについては、まだ遅れを取り戻すためにランニングメニューをこなす姿が見受けられている。

なお週末のヴォルフスブルク戦からは、前節では累積警告により出場停止にあった、主将ラース・シュティンドルが再びオプションとなるところだ。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報