ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月04日

ホッフェンハイム:カメルーン代表FWエカンビと、MFグリフォに関心

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここのところフランスのメディアでは、カール・トコ・エカンビとTSGホッフェンハイムとの繋がりを指摘している。確かにクラブ首脳陣は25才のカメルーン代表FWについて、情報を収集してはいるようだが、その一方でレンヌが同選手の獲得に向けて移籍金2200万ユーロを提示した模様。果たしてホッフェンハイムは、この争奪戦に参戦することになるのだろうか?

2016年に仏2部ソショーから、仏1部アンジェSCOに加入したセンターフォワードを主戦場とする183cmは、カメルーン代表としてこれまで16試合に出場。昨季は仏1部にてリーグ戦37試合に出場し17得点をマークした。

さらにグラードバッハでは、攻撃的MFの補強についても視野に入れているようで、ボルシア・メンヒェングラードバッハ所属のヴィンセンツォ・グリフォへの関心が伝えられている。

昨夏にフライブルクからグラードバッハへと渡った、セットプレーを得意とする同選手は、2012年から2014年までホッフェンハイムに在籍しており、その際には現アウグスブルクの宇佐美貴史ともチームメイトだった過去を持つ。

フライブルクではブンデスリーガーとしての存在感を示してみせた25才だが、グラードバッハでの1年目では思うようにことが運んでおらず、ハノーファーからも関心も伝えられるが、果たしてホッフェンハイムへ復帰することになるのだろうか?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報