ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月07日

グラードバッハ、販売から1週間足らずで新ユニフォームの販売を停止

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルシア・メンヒェングラードバッハと、ユニフォームサプライヤーのプーマ社は、新シーズンにむけて発売したユニフォームの販売差し止めとしたことを発表した。素材に問題がみつかったという。

グラードバッハのシッパース代表は「プーマ社としっかりと意見交換をしており、そこでは打開策を見出すために懸命に取り組んでいるところだ」とコメント。「ユニフォームを購入できないファン、そしてこの数日で購入したファンのみなさまにも、多大なるご迷惑をおかけしていることをお詫びしたい。購入済みの分は交換する」と語った。

さらにプーマ・ドイツ社のマティアス・ボイマーGMも「この状況を大変申し訳なく思っているし、できるかぎり早くこの新ユニフォームを販売できる体制にしたい」と述べている。なお販売したホーム、アウェイ用のユニフォーム上下に採用されている素材に、シャープなものと接触した際に糸がほつれるという現象が確認されたとのこと。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報