ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月13日

グラードバッハがクラブ史上最高額でアラサン・プレアを獲得

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにこれまでにも移籍成立が間近に迫っていることはお伝えしていたが、金曜にボルシア・メンヒェングラードバッハはアラサン・プレアを獲得した。

 今夏にセンターフォワードの補強を目指していたグラードバッハは、リーグアンのニース所属の身長181cm、体重79kgのフランス人FWに着目。そしてクラブ史上最高額となる買い取り金額2300万ユーロで、同選手を迎え入れることに成功している。

 プレアは今季リーグアンにて35試合に出場し16得点をマーク。さらにヨーロッパリーグでも8試合に出場して4得点を記録。フランスU21代表としての出場経験ももち、181cmという身長ながら空中戦で強く、ダイナミックな両足を巧みに操るフィジカルに長けたフォワードだ。

 マックス・エベールSDは「移籍が成立してうれしいし、名のあるクラブを相手にした争奪戦を制することができた」と喜びを述べ、「アラサンは強くグラードバッハ移籍を希望してくれた。ポリバレントな、スピードのある、インテリジェンスも兼ね備えたFWだよ。そのクオリティはリーグアンやヨーロッパリーグなどでも示されている」と語った。

 今季プレアはグラードバッハに対し、最前線での起点となれる存在だけでなく、これまでの4−4−2システムの2トップの一角としても、新たな武器として加わることにる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報