ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月13日

デンマーク代表CBヴェステルゴーアが、吉田所属サウサンプトンへ移籍確定

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りボルシア・メンヒェングラードバッハは、ヤニク・ヴェステルゴーアが日本代表の吉田麻也が所属するサウサンプトンへと移籍することを発表した。なお身長199cm、25才のデンマーク代表の移籍金額について、グラードバッハのマックス・エベールSDが明かすことはなかったものの、「今週はじめに、とても満足の行く移籍条件でクラブ間で合意に達した」とコメント。おそらくはクラブ史上2番目に高額となる、移籍金2300万ユーロで売却されることになったようだ。

 2シーズン前にブレーメンからグラードバッハへと加入した同選手は、それ以降ブンデス1部66試合出場して7得点1アシストをマーク。今夏にロシアで行われたワールドカップでも、デンマーク代表の一因として参加している。「ヤニクはこの2年間、我々の期待にこたえる活躍をみせてくれていた」とエベールSD。「これからプレミアでの成功と幸運を願っている」とエールを送っている。

 なおヴェステルゴーアが抜けた後の穴埋めについては、すでにグラードバッハ首脳陣の間では構想ができあがっており「ニコ・エルヴェディを中に入れようと思う。これまでにもセンターバックとしてもとてもいいパフォーマンスができる、というところをみせているしね」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報