Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月11日

酒井高徳「スタジアムの雰囲気はとてもよく感じる」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のダルムシュタット戦で、移籍後リーグ戦初先発した酒井高徳。HSV.deとのインタビューで語る、初めてのフル出場、そして次に見据えるタスクとは。
ハンブルク – 決して順調な出だしではなかった。今夏にシュトゥットガルトからハンブルクに移籍した酒井だったが、しかしこれまでサイドバックコンビを形成してきたデニス・ディークマイアーとマティアス・オストルチョレクの後塵を拝する形に。だが監督が入れ替えを行わない状況でも落ちつきを保ち、ゴウが来たるべきチャンスに向け準備に勤しみ続けた。そんな中でディークマイアーが負傷離脱。ダルムシュタット戦で右SBとして先発出場した酒井はHSV.deとのインタビューの中で、現状と自身のプレー、そしてホーム戦デビューに対する喜びを語っている。
HSV.de: ゴウ、1−1で終わった先日のダルムシュタット戦では、移籍後リーグ戦初先発を果たしましたね。そしてその後は好評価が聞かれています。自分では満足していたのでしょうか?
酒井高徳:まず重傷を負ってしまったディーキ(ディークマイアー)のことを思うと、本当に残念です。彼は本当に良い状態にありましたし、チームにとってとても重要な存在でした。とにかく早く回復してほしい。それまで彼の穴埋めのためにベストを尽くし、そしてチームに助けになりたいと思います。
HSV.de: ライバルへ挑戦状を叩きつける感じではありませんね
酒井高徳:もちろん良いプレーを見せたいと思いますが、まず自分ありきではなのではなく、チームのこと。クラブのことです。もしこれを通じて監督にアピールができれば、それにこしたことはありませんが。
HSV.de: 最初のフル出場を振り返ってみて、いかがでしょう?
酒井高徳:オーケーだったとは思います。立ち上がりではうまく入っていく必要がありましたし、リズムを見出さなくてはいけませんでした。それでも右サイドで、とてもうまくできていたように思います。失点を喫してしまったことについては、他の選手と同様に苛立ちを感じていますが、でも総じて見て僕たちの守備は良かったですし、攻撃にも自分自身参加することができました。
HSV.de: 本当に左サイドと右サイドでプレーすることは、まったく同じ感覚なのですか?
酒井高徳:そうですね。両サイドに、それぞれメリットがありますけど。左サイドの場合は、ボールを持って中に切れ込むことができますし、右サイドの方がうまくセンタリングを上げやすいところがあります。両方のポジションを気に入っていますし、チームの助けとなれるところで、僕はプレーしますよ。
HSV.de: 現在チームは安定していますが、現状についてはどうお考えですか?
酒井高徳:僕も守備面に関しては、あまり相手に自由を与えていないという印象を持っています。僕たちと対戦するのは相手にとって厄介なのではないでしょうか。それは良いことですね。ただオフェンスでも改善はみられていますよ。良いチャンスをつかめていますから、あとはそれを一貫して行かせるようにしないといけません。ただ成長しているとは感じます。
HSV.de: 現在の順位表は、チームの力を反映したものだと思われますか?
酒井高徳:監督は常に、もっと勝ち点を得なくてはならなかったと口にしています。僕もそう思いますね。なので、僕たちはもっと上の方にいけるとは思いますよ。ただあまり先のことを考えるのは間違いです。重要なことは、毎試合のことを考えることだと思います。
HSV.de: 次節の相手はドルトムントです。
酒井高徳:そうなんですよね、とても難しい試合になると思います。ドルトムントは今シーズン、特にオフェンスでとてもいいチームですから。仕事は山積みですよ。でも代表戦期間を利用して多くのことに、精力的に取り組み、いい形で準備して臨みたいですね。
HSV.de: 金曜日の試合は完売のホームで、ナイターで行われます。特別な雰囲気が予想されますが、楽しみなのでは?
酒井高徳:もちろん、こういう試合は1つのハイライトですからね。それに僕はまだ、ホームのスタジアムでプレーしていませんし、そのことについてもとても楽しみにしていますよ。

HSV.de: ピッチに立っている時、スタジアムの全体というのは見えているものなのでしょうか?

酒井高徳:もちろん試合に集中して臨むように心がけていますし、試合の間は少しトンネルの中にいるような感覚を覚えます。ただ中断した時や、試合の前後ではよくわかりますし、僕としてはそれがより大きく激しいほうがいいです。そしてここまでのホーム戦をベンチで観戦して気づいたのは、ハンブルクのファンの声援は本当に盛大だということ。とても楽しみですよ!
翻訳:kicker日本語版


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker