Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月15日

スイス代表ドルミッチが今季全休。ユーロへの出場も疑問視

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GER, 1.FBL, Bayer 04 Leverkusen vs Hamburger SV

週末には残留争いから抜け出すための重要な一戦、ホッフェンハイム戦が控えるハンブルガーSV。その試合ではニコライ・ミュラーが出場停止にあり、本来ならばヨシプ・ドルミッチに出場の機会が巡ってくるはずだったのだが、スイス代表FWは前回の古巣レバークーゼン戦で膝を負傷。その後の検査の結果で軟骨の損傷が判明し、手術を受けるため残りのシーズンを全休することが明らかとなった。これにより今夏に行われるユーロ2016の参加にも、大きな疑問符がつくことになる。


そのほかのオプションとしては、ミヒャエル・グレゴリッチュが挙げられるが、しかし同選手もまた足首に負傷を抱えている状況であり、週末の試合には時期尚早だろう。そのためラバディア監督は、前節で酒井に代わり後半から投入された右サイドバックのデニス・ディークマイアーを、オフェンシブなポジションでテスト。もしくはプレイメイカーのアーロン・ハントのポジションをずらし、システム変更によってこの穴をカバーすることも考えられる。


今冬に出場機会を求め、グラードバッハからハンブルクへのレンタル移籍したドルミッチは、第20節から5試合続けて先発出場するもチームは僅かに1勝、シャルケ戦で前半のうちに交代。快勝を収めたベルリン戦では出番はなく、レバークーゼン戦では途中から出場していた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker