ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月18日

ミュラーの代わりはシェアリングで解決?酒井高徳は復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hsv8-1458306801


果たして誰が、出場停止にあるニコライ・ミュラーの代役を務めることになるのか。先週の日曜日から続いているこの話題だが、ラバディア監督は若手ミヒャエル・グレゴリッチュとナビル・バホウィとのシェアリングの可能性について示唆した。


「ミヒャエルは7試合も欠場しているし、実践経験が不足しているよ。仮にプレーするなら、そこにある答えはただ1つだ。またバホウィの方も実践からかなり遠ざかっている上、冬季の準備期間にも参加していない。まだ万全の状態とは言えないが、二人を1試合でシェアリングすることになるかもしれないね」


つまりはおそらく、グレゴリッチュを先発として起用し、行けるところまでプレーさせる。ファーストオプションとしてはバホウィが控えることになるが状況次第では、ラバディア監督が「長く話し合った」という、古巣戦に臨むスウェン・シップロックを起用する可能性もあるだろう。


なお前節に風邪の影響で前半のうちに交代していた酒井高徳については、ラバディア監督は「この1週間全ての練習に参加している。彼は再びいい感覚を覚えているところだよ」と語った。


主将ジュルーが欠場


主将のヨハン・ジュルーが、ウィルス性の感染症により、今節を欠場することとなった。


同選手はここまで22試合に出場して、2得点をマーク。


なお二人のベテランCB、スパヒッチとジュルーが欠場する際には、これまでは25歳のブラジル人CBクレーベルが代役を務めている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報