ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月07日

激しい定位置争い。ハントはベンチ?酒井は左でアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hsv8-1459952977

共に膝に問題を抱え、ランニングメニューをこなしていたMFアルビン・エクダルとアーロン・ハント。両選手ともに週末の試合に向けて楽観視しているところだが、足首の手術からしっかりと復帰を果たしたエクダルとは対照的に、ハントの立場は厳しい状況へと陥り始めているところだ。


確かにラバディア監督は、チームにおける同選手の重要性を強調してはいるのだが、怪我が絶えず、火曜と水曜もトレーニングを行える状況にはない。


そのため代役としてグレゴリッチュが、ダルムシュタット戦では出場のチャンスをつかむ可能性があるだろう。


また右サイドバックでは、前半戦では負傷するまで活躍をみせるも、後半戦では酒井高徳の後塵を拝していたデニス・ディークマイアーが、前節のハノーファー戦でしっかりとしたパフォーマンスを披露。


同じく、この日は出場停止にあったマティアス・オストルチョレクの代役として左にまわった酒井高徳も納得のパフォーマンスを見せており、今度はオストルチョレクが厳しい立場に置かれることになりそうだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報