Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月10日

酒井高のハンブルク、残留直後にSD退任

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pressekonferenz Peter Knäbel Direktor Profi Fussball HSV Dietmar Beiersdorfer Vorstandsvorsit

1部残留を果たしたばかりのハンブルクから、驚きの知らせが届いた。2017年までの契約を残していたペーター・クネーベル氏が辞任、マネージャーのディトマー・バイエルスドルファー氏がSD職をそのまま引き継ぐことが明らかとなっている。


クネーベル氏にとっても突然のことだっただろう。kickerが得た情報によれば先週の火曜、バイエルスドルファー氏とクネーベル氏は今後について話し合いを行っており、特に答えが導きだされていたというわけではなかった。


確かに昨シーズンは、クラブ史上最高額のチーム編成を行いながら、入れ替え戦でようやく残留を果たすという結果だったものの、節約政策で臨んだ今季は及第点の結果を残していたとはいえる。


バイエルスドルファー氏は「必要と感じたから私が引き継ぐ。最近は集中的に意見交換を行っており、現状と今後の方向性について話し合いを行っていたのだが、しかしあるテーマに関しては、根本的に異なる意見をもっていたため、退任という結論に至った。我々は合意の上で終わりを迎えるのであり、決して一方的なものではないよ」と説明。


後任については「特に話し合いはしていない。役員会で話し合い、私がその分野を、チーム編成や移籍について全て担っていくという決断に至っている」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker