ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月08日

ハンブルク、ストーク戦で来季幕開け

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ハンブルガーSVは火曜、来シーズンの幕開けとしてプレミアリーグ、ストーク・シティとのテストマッチを本拠地フォルクスパーク・シュタディオンにて行うことを発表した。


この日は11時からファン感謝祭が行われ、試合は16時より開始。


今季のストークはリヴァプールに次ぐ9位でフィニッシュしており、チームにはかつてブンデスでもプレーしたヴォルシャイト(ニュルンベルク、レバークーゼン、マインツ)、イブラヒム・アフェライ(シャルケ)、シェルダン・シャチリ(バイエルン)、マルコ・アルナウトヴィッチ(ブレーメン)、マメ・ディウフ(ハノーファー)、そしてホセル(ホッフェンハイム、フランクフルト、ハノーファー)らが在籍している。


imageクネーベル氏「傷はない」


2年間ハンブルクでSDを務め、4週間前チームを後にしていたペーター・クネーベル氏が、「スポーツを楽しもう」というイベントの参加のために再びハンブルクを訪れ、子供達といっしょにスポーツに興じた。


「特にキズはないよ」と語った同氏は、「いい感覚をもってハンブルクを後にしている」ことを強調。2シーズン続けて入れ替え戦に臨んでいたチームだったが、今季は特に降格の危機にさらされることなくトップ10入りを果たしている。それでもチームを去ることとなったが、クネーベル氏は「決まってしまえば、あとは前を見るだけさ」と語った。なおまだ今後については未定のままとなっている。