ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月30日

スパヒッチが骨折で1ヶ月の離脱へ

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1469875640

2部ボーフムとのテストマッチで、相手FWパニエル・ムラパと激突。そのまま病院へと搬送されたエミル・スパヒッチだが、その後に受けた検査の結果、残念な知らせが届いた。


35歳のボスニア・ヘルツェゴビナ人CBは、眼窩の骨折により少なくとも4週間の離脱を余儀なくされることになる。


なおハンブルクでは、ルイス・ホルトビーも鎖骨の骨折のために開幕戦出場が危ぶまれており、ラバディア監督はこれで二人の主力を欠いてシーズンに臨む可能性がでてきた。


バイエルスドルファーCEOは「とても大きな衝撃だよ」と述べ、すでに同選手と電話で話し「とてもしっかりとしているし、いい感じだよ。彼はファイターだ。代表選後には復調を果たしてくれることを期待している」とコメント。ただいずれにせよCBの補強については「市場をチェックしている」ことも、同氏は明かしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報