Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月05日

酒井高徳が語る“両利き”のメリット「相手に的を絞らせない」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルガーSVに所属する酒井高徳が、3日に発売された『サッカーキング・ジュニア』内のインタビューで、“両利き”になったきっかけや、そのメリットを語った。


小学校時代、利き足である右足を捻挫したことがきっかけとなり、左足を使い始めたという酒井。両足を使えるメリットについては、「プレッシャーを受けた時に、右にも左にも逃げられるので相手との駆け引きですごく有利。相手に的を絞らせないのは両足を使える最大のメリットだと思う」とコメントした。


プロを目指すジュニア世代のプレーヤーたちに向けては、「サッカーを楽しみながら、負けず嫌いになることが大切。その気持ちが成長につながる」とアドバイスを送った。


小学生のためのサッカー情報誌『サッカーキング・ジュニア』は、すべてにルビを配し、読者である小学生が読みやすいように工夫されている。同時に、一般的なサッカー誌よりも文字数を減らし、イラストや図解、写真などを多く使用。本誌内では酒井高徳直伝の両利きになるためのトレーニング方法や、多数の日本代表選手のインタビューも掲載されている。


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker