Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

大衆紙ソース:Bild |  2016年09月13日

ハンブルガーSVの投資家が強盗に遭い殺害

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hsv8-1472989750
ハンブルガーSVの投資家エルンスト・ブルマイスター氏が強盗に遭い、殺害されたことを大衆紙ビルトが報じた。

事件は金曜夜20時40分〜21時10分の間に発生、覆面した二人組の男が自宅のベルを鳴らして、エルケさんが扉を開けた瞬間に殴りかかってきたという。そして一人がエルケさんを拘束して共犯者はエルンストさんへと暴力を振るった模様。

犯人は現金数千ユーロと宝飾品を奪って逃走し、その後ブルマイスター夫妻は病院へと搬送されたが、エルンストさんは日曜朝に他界した。犯人の武器などの情報は、警察側は捜査を踏まえ明かされていない。またビルト紙は、なぜセキュリティシステムがありながら、エルケさんが不用意に扉を開けたのかと疑問を呈した。

また近所の人は「ショックです。ご夫妻はみんなから愛されていましたし、誰からも恨みを買うような人ではありませんでしたから」と話しているとのこと。

1991年に起業し農業ビジネスで成功を収めたブルマイスター氏は、その家族で経営する会社で今年の2月にハンブルガーSV全体の1.5%に相当する株を約400万ユーロで購入していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker