Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

ハンブルクが再び社債発行、主将はジュルーが再任

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1473854246
既報通りハンブルガーSVは、再び社債を発行することを発表した。目標額は4000万ユーロで、年利は5%。2026年までが期限となっている。

購入するその大半は銀行や保険、年金基金などであり、スタジアムの借金完済や投資、HSVキャンパスにも投じられるとのこと。

昨年にこれに先駆け、投資家のキューネ氏が銀行から、2500万ユーロを貸し付けハンブルクに譲っていたのだが、それに返済するという格好にもなる。

さらにハンブルクは創設125周年記念の社債を発行しており、これは総額1250万ユーロで年利6%、2019年までの期限となっている。

主将は再びジュルー

すでにリーグ戦2試合を消化したハンブルク。しかしまだ主将のポストは明かされてはいなかったのだが、昨シーズンに引き続いてヨハン・ジュルーが務めることが明らかとなった。

これは選手評議会により決定されたもので、副キャプテンはアドラーとスパヒッチ。そのほかのメンバーはディークマイアーとハントとなっている。

2013年夏に、ハノーファーへのレンタルを経て、アーセナルより加入したスイス人CBは、昨年より移籍したファン・デル・ファールトの後を受けて主将へと就任。ここまでハンブルクでは、リーグ戦81試合に出場して、2得点2アシストをマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker