ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月19日

酒井高が絶妙クロスでアシストも…ハンブルガー、終了間際のPK失敗で痛恨ドロー

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第21節が19日に行われ、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとフライブルクが対戦した。

 ハンブルガーSVは前節、2位ライプツィヒに3-0と完勝を収め、今シーズン2度目の2連勝。順位も15位に浮上し、第2節以来となる降格圏脱出を果たした。今節はホームにフライブルクを迎えるが、調子を維持して勝ち点を積み重ねたいところ。酒井は前節に引き続き、先発メンバーに名を連ねた。

 試合は開始15分、ホームのハンブルガーSVが幸先良く先制に成功する。エリア内左でパスを受けたルイス・ホルトビーが左足でグラウンダーのクロス。ニアサイドに走り込んだアーロン・ハントが上手く合わせると、ボールはゴール右下に吸い込まれた。

 対するフライブルクは23分、中盤でボールを奪うと細かいパス交換でエリア付近まで侵入。最後はニルス・ペーターゼンのラストパスをエリア内左で受けたマキシミリアン・フィリップが左足でゴール右に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。前半は1-1で折り返した。

 後半に入って57分、再びハンブルガーSVがリードを奪う。右サイドのホルトビーからのパスでエリア内右に酒井が抜け出す。右足でグラウンダーの正確なクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだミハエル・グレゴリチュが左足で無人のゴールに流し込んだ。酒井にとってこれが今シーズン2アシスト目となった。

 1点を追うフライブルクは72分、味方とのパス交換でヴィンチェンツォ・グリフォがエリア内中央に抜け出す。右足でゴール右に流し込み、2度目のビハインドも同点に戻した。

 88分、ハンブルガーSVに絶好の勝ち越しのチャンスが訪れる。ハントがエリア内右で相手DFに倒され、PKを獲得。ハントが自らキッカーを務め、ゴール左下を狙ったが、GKアレクサンダー・シュヴォロウに阻まれた。

 試合はこのまま2-2で終了。ハンブルガーSVは2度のリードを守りきれず、3連勝とはならなかった。

 次節は25日、ハンブルガーSVは敵地で首位バイエルンと、フライブルクはホームで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

【スコア】
ハンブルガーSV 2-2 フライブルク

【得点者】
1-0 15分 アーロン・ハント(ハンブルガーSV)
1-1 23分 アキシミリアン・フィリップ(フライブルク)
2-1 57分 ミヒャエル・グレゴリッチュ(ハンブルガーSV)
2-2 72分 ヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)

きんg


  • ブンデスリーガ・各チーム情報