ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月21日

ウッドとハントが負傷離脱、マフライは間に合うか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wood800-1490021320
いい流れに乗って代表戦期間へと突入したハンブルク。しかしその一方で、オフェンスを牽引するボビー・ウッドとアーロン・ハントの2選手が負傷離脱。復帰時期は特に明かされてはいない状況であり、さらにかつてケルンでプレーしたとある選手の古戦出場も危ぶまれているところだ。

背中の問題を抱え、米国代表参加を辞退したボビー・ウッドは、月曜日に精密検査をうけ「背中の下部に負傷がみられる」ことが判明。これから集中的に治療を行い、復帰時期については日々様子をみていくことになるという。

同様の状況にあるのがアーロン・ハントであり、フランクフルト戦での後半71分に交代を余儀なくされた同選手は、膝の関節胞を痛めているとのことで、4月1日に行われるケルン戦での出場が、ウッドとともに未定となったまま。

さらに今冬にそのケルンから加入したメルギム・マフライについては、代表戦期間で膝の腱の負傷からの回復を目指している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報