ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月23日

酒井を主将に任命したギズドル監督が延長

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gis8-1490190898
今シーズン途中からハンブルクの監督に就任し、契約を今季いっぱいまで残していたマルクス・ギズドル監督が、水曜に契約延長で合意に達したことが発表された。新たな契約期間は2019年までとなっており、2部でも有効となっている。

マネージャーを務めるイェンス・トッド氏は、「定評のあるコーチ陣と、これからも信頼深く取り組み続けていけること」への喜びを語り、さらにギズドル監督も「重要なことは集中し続けて、成功をおさめていくことだ。大きな目標に向かっているのだから」と前置きしながらも「クラブからの信頼を嬉しく思うし、安定と継続性をもって、来季以降も共に取り組んでいきたい」と意気込みを示した。

昨年9月にラバディア監督の後を受けた同氏は、現在もまだ入れ替え戦となる16位に沈んではいるものの、25試合を経過して勝ち点27。酒井高徳が第11節よりキャプテンに就任して以降は7勝4分4敗をマークしており、後半戦8試合での順位表では5位(4勝2分2敗)と状態を上げてきている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報