ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月05日

「何かを変える必要はない」…酒井高、敗戦もチームのコンセプトに自信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月4日に行われたブンデスリーガ第27節のドルトムント対ハンブルガーSV戦で日本人対決が実現した。試合はドルトムント所属の日本代表MF香川真司の1ゴール1アシストの活躍もあり、ドルトムントが3-0でハンブルガーSVを下している。

 試合後にハンブルガーSVに所属する日本代表DF酒井高徳が敗戦を振り返りコメントした。

 まず3失点したことを聞かれ、「最終ラインの守備の仕方や、ポジショニングに問題があった。前半から裏のスペースを使われすぎていた。普段試合に出ていない選手がスタメンだったので、仕方がない部分もあるが、もっとうまく修正できれば良かったと思いました」と控え選手との連携不足を課題点に挙げた。

 また、香川の印象を聞かれた酒井は「僕の守備範囲で香川くんが勝負を仕掛ける回数が多かった。後半は注意していたので、ボールを触らせる回数は少なくなったと思います。試合前に、香川くんは守備の間でボールを受けるようにポジションを取ってくるから、気をつけようとチームメイトと話し合いをしたんですが、周りの選手も注意しなければならず、チャンスを作られてしまった。先の先を読んでいる動きをしていましたね」と、MVP級の活躍をした日本代表の同僚に賛辞を送った。

 今後、チームが改善していくために何が必要か問われた酒井は「特に必要ないと思います。というのは、こうやって負けるとみんな”何かを変えなきゃ”っていう方に行きがちですが、今日の試合でも良いところを十分出せたと思うし、相手がドルトムントじゃなかったら良い試合だったと思う。一番大事なことは、逆に今やっていることをしっかり続けるってことかなと考えています」と自分たちのコンセプトを失わずにプレーしていくことを話した。


きんg