ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月11日

かつてハンブルクの入れ替え戦で敗れたトッドSD「入れ替え戦は避けたい」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

todt800-1494403332
ふたたびハンブルガーSVは入れ替え戦に進出してしまうことになるのか?昨季こそ10位でフィニッシュしたものの、2014年と2015年には入れ替え戦に回され、なんとかクラブ史上初となる2部降格を免れてきたハンブルガーSV。

今季途中からスポーツディレクターを務めるイェンス・トッド氏は、「もちろん入れ替え戦というのは、ファンにとっては面白いものかもしれないが、しかしできることならそれは避けたいものだよ」と語った。

ハンブルクの入れ替え戦については、トッド氏もまた良く知る人物だ。2015年に当時2部カールスルーエのSDを務めていた同氏は、その年にハンブルクとの入れ替え戦を戦っており、あと一歩で1部昇格というところまで追い込みながらも、試合終了間際に与えてしまったフリーキックを決められ土壇場で同点に。最終的には延長戦で力尽きている。

「たとえ2部が相手であっても、相手は好調なシーズンを戦って進出してきているんだ」とトッド氏は警戒。ただしそれと同時に「ブンデス1部のクラブはクオリティ面では相手を上回っている」ともコメント。しかしながら「そういうことはどうでもいいさ、我々は入れ替え戦を避けて残留を果たしたいのだからね」と言葉をつづけた。

現在その入れ替え戦となる16位に沈むハンブルクだが、最終節では勝ち点差2で追うヴォルフスブルクとの直接対決が控えており、今節のシャルケ戦で勝利をおさめればいずれにせよ、自力での1部残留の可能性が残されることになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報