ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月11日

ブルーフハーゲンCEO「相談役会と意見の相違がある」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今冬にハンブルクのCEOに就任したヘリベルト・ブルーフハーゲンCEOが、来季にむけてのチーム作りにおいて、相談役会との間で意見の相違があるいことを明かした。

決してその隔たりは大きなものではないと強調してはいるが、相談役会はチーム全体のサラリーの削減を求めており、そのため現時点ではレンタルから復帰するシップロック以外、新戦力の獲得を行えていない状況にある。

ただあくまでブルーフハーゲンCEOは、相談役会と同じ考えをもって臨まなくてはならないことも改めて強調。「金銭面で可能な範囲でうまくやらないといけないんんだ。ブンデスでしっかりと戦えるチームを作るよ。トッドSDも、なんでも思い通りにできるというわけではないんだ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報