ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月25日

ハンブルク、米国代表FWウッドとの延長にも成功

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日にキリアコス・パパドプロスと3年契約を結んだハンブルガーSVだが、さらに「オフェンスのキーマン」とトッドSDが指名する、ボビー・ウッドとも2021年までの延長で合意に達した。

トッドSDは、「モダンな若手FW。2部から1部へ挑戦した今季は、そこまで大きな問をかかえることなく、うまく対応することができていた」と賞賛。さらに「精力さ」と「姿勢」についても賛辞を送った。「我々にとってのオフェンスのキーマンだし、真のチームプレイヤーだよ」

2007年から7年半にわたり1860ミュンヘンに在籍した同選手は、そのときに鹿島アントラーズから加入した大迫勇也ともチームメイトに。その後はアウエ、ベルリンとブンデス2部を渡り歩いたのち、昨夏にハンブルガーSVへと加入。5得点、2アシスト、kicker採点平均4.2をマークした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報