ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月27日

“あの時”から成長した酒井高徳…ホームの大一番へ「プレッシャーを楽しむ」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月31日に迫ったワールドカップアジア最終予選・オーストラリア代表戦に向け、日本代表12名が調整を行った。

 勝てば予選突破、という現在と同じ状況だった前回のワールドカップ予選・ヨルダン戦。この試合が「覚えてる範囲で初めてのスタメン」だったという酒井高徳(ハンブルガーSV)は「プレッシャーをもろに感じていた時代」と振り返った。結局、アウェイで行われたこの試合でW杯出場を決めれず、日本代表は2カ月後のオーストラリア戦でW杯への切符を掴んだ。

 だが今は違う。昨シーズンは残留争いに巻き込まれたチームで主将を務め、「自分もチームでいろんな経験して、代表でもいろんな試合を戦った。プレッシャーに対する向き合い方を経験したし、そこは自信もってやっていきたい」。歴史あるチームを降格させる訳にはいかない、という状況をくぐり抜けた酒井が手にした重圧への対処法は「プレッシャーを楽しむ」ということだった。

 日本中が注目するオーストラリア戦。酒井は「これだけの試合だし、プレッシャーはやっぱり各自が認識しなきゃいけない。そのプレッシャーを悪い方に抱え込むんじゃなくて、プレッシャーを楽しむ方に向けるっていう。いろいろな場面を経験してきたし、経験ある選手、そういうプレッシャーを楽しみだったり自信に変えていく選手たちだったりが揃っていると思うんで、そのへんは全く心配してない」と“あの時”から成熟を見せるチームへの信頼を口にした。

 あのヨルダン戦と違うのはそれだけではない。「アウェーで決められるって状態だったのと、ホームで決められるっていう状態は違う。向こうが僕らに勝ったように、やっぱりホームアドバンテージがどれだけ大きいかっていう。僕らもやっぱりPKを外したシーンがあった。今回それが自分たちの立場で、ホームで戦えるというところがあるんで、そこで全力で取りに行きたいなって気持ちが強い」。ホームのプレッシャーを力に変え、オーストラリアとの決戦に挑む。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報