ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月14日

ハンブルクのCEO「マインツ戦は特に重要な試合」

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開幕から連勝を飾り勝ち点6で代表戦期間に入るも、その次の代表戦期間では連敗続きとなり、最後のブレーメンとの北部ダービーでようやく勝ち点1を確保したハンブルク。

これから迎える代表戦明けのマインツ戦を前に、ヘリベルト・ブルーフハーゲンCEOは「マインツ戦は同じレベルにあるチームだし、特別な意味を持った試合だよ」と強調した。

「特にそれからバイエルン・ミュンヘン戦があり、そしてヘルタ・ベルリン戦へと続くことになる。結果次第では厳しい状況へと追い込まれかねない。」

なお昨シーズンでは前半戦でわずか勝ち点13で折り返しているのだが、「自分たちのめざすところははっきりとしている」と同氏。「冬期休暇までに、勝ち点を18にまでのせたい。ただそれでも十分に難しいことはわかっているがね」と言葉を続けている。

その一方で今季は相次ぐ負傷者に悩まされているところでもあるのだが、守備の要キリアコス・パパドプロスが出場停止あけとなるほか、フィリプ・コスティッチが先日の代表戦にて実戦復帰。さらに代表戦前にはアーロン・ハントの復帰を果たしており、徐々にではあるがオプションが増している状況にはある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報