ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月02日

HSVの新星・伊藤達哉に長友所属のインテルが熱視線…マンCもリストアップか

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉の獲得に関心を強めているようだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が11月1日に報じた。

 現在20歳の伊藤は2015年7月に柏レイソルU-18からHSVに3年契約で入団。今シーズン終了後に契約が切れることもあり、インテルが獲得を検討中だという。

 インテルのほか、マンチェスター・シティ、フランクフルト(日本代表MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属)、マインツ(同代表FW武藤嘉紀が所属)、アウグスブルグ、フライブルグなども伊藤をリストアップしているものと見られている。このまま契約延長が行われなければフリーでの移籍が可能となる伊藤に、欧州各クラブが興味も抱いているようだ。

 柏時代に出場した国際大会での活躍をきっかけにドイツ移籍を果たした伊藤。ケガにも負けず、今シーズンのブンデスリーガ第6節でリーグ戦デビューを飾り、続く第7節には初先発を果たした。この試合の交代時には観客からスタンディングオベーションを受けるなど、ブレイクを果たした伊藤はその後もリーグ戦に5試合連続で出場しており、下部組織登録ながらトップチームに定着している。この活躍を受けて、移籍情報サイト『Transfermarkt』は市場価格を約2倍に変更し、HSVのスポーツディレクターは「契約延長に向けての交渉中」とコメント。成長著しい伊藤への関心は益々強まっているようだ。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報