ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月21日

第3GKへと転落した、ユリアン・ポラースベック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏にU21欧州選手権を制して、2部カイザースラウテルンから移籍金350万ユーロでハンブルガーSVへと移籍したユリアン・ポラースベック。だがそれから半年がたった今の現状は、クリスチャン・マテニアに先発の座を確保されるのみならず、若手トム・ミッケルに対してもギズドル監督は賞賛、ポラースベックはその後塵を拝しているところだ。

ただしポラースベックはフィジカル面での出遅れがみられることから、先月にも指揮官は幾度となく話し合いを重ねており、今回のシャルケ戦でメンバー外となったことについて「さらに話し合いを重ねる必要はないよ。私は監督として、練習でのパフォーマンスをみて判断を下すのだ」と強調した。

「ゴールキーパーのポジションも他のポジションと同様に、確約されているポジションというわけではないんだ。あくまでパフォーマンスが全てだよ。そしてトム・ミッケルが素晴らしい練習を行なったということだ」しかしその一方で、今夏に350万ユーロもつぎこんだ投資は、時を重ねるごとにその価値を激減させることにも繋がっていく。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報