ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月19日

ハンブルク、今季精彩を欠くGKマテニアを入れ替え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在は17位とブンデスで下から2番目に位置しているハンブルガーSV。しかしそのなかで先発GKクリスチャン・マテニアは、kicker採点平均3.28と、こちらはGK部門でリーグ最下位を記録しているところだ。

先週末に行われたボルシア・メンヒェングラードバッハ戦では、ラファエルからのミドルシュートを決められるなど、kicker採点4.5の結果に。マルクス・ギズドル監督は「その前に問題は起こっていた」と振り返るように、もともとはパパドプロスのパスミスがこの事態を招いており、「あのシュートを止められるGKはそう多くはない」と擁護した。

だが指揮官がマテニアを起用し続ける理由は他にもある。本来は定位置を争うはずのユリアン・ポラースベックの状態がなかなか上がらずオプションと慣れない状況が続いているのだ。ただし「徐々によくなってきている」ともコメント。今冬の準備期間では「まだ白紙からのスタート」と指揮官は強調しており、「市場もチェックすることにもなるだろう」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報