ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月10日

ハンブルク、エクダルとホルトビーが共に負傷して帰国

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クラブ創設以来初となる2部降格を免れるための戦いが、まもなくして再開されるハンブルクだが、しかしながらその直前に残念な知らせが届いた。

今冬に行われたキャンプにて二人のMF、アルビン・エクダルルイス・ホルトビーの2選手が共に負傷、後半戦の初戦は欠場という形で迎えることが明らかとなっている。

帰国後に病院にて精密検査を受けた結果、エクダルについては足首の内側側副じん帯を部分断裂していたことが判明。これからおよそ3週間離脱することがみこまれているという。

一方のホルトビーについては、精密検査の結果、膝の関節胞の損傷により、2週間の休養が必要とのこと。これにより両選手ともに、土曜日に行われるアウグスブルク戦、そしてその後に控える重要な最下位ケルン戦を欠場することが確定した。

ただホルトビーについては今季は苦しい時期が続いており、ここまではリーグ戦わずか7試合に出場してkicker採点平均4.8をマーク。一方のエクダルは11試合に出場し、3.55を記録しているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報