ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月01日

大迫出場のケルン、守備陣崩壊で6失点…酒井&伊藤のハンブルガーSVはドロー/ブンデス第28節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第28節が各地で行なわれた。

 17位のケルンは7位ホッフェンハイムとのアウェイゲームに臨んだ。23分、セルジュ・ニャブリがドリブル突破から左足を振り抜き、ホームのホッフェンハイムが先制に成功した。後半立ち上がりの47分には再びニャブリが個人技から追加点。さらに56分にマルク・ウート、61分にはルーカス・ルップが決めてリードを広げる。65分にはウートがこの試合2点目を決めると、73分にはウートの折り返しをシュテフェン・ツバーが押し込む。試合は6-0で終了し、ケルンは大敗を喫した。ケルンに所属する大迫勇也はスタメン出場し、57分までプレーしている。

 最下位に沈むハンブルガーSVはアウェイでシュトゥットガルトと対戦。18分、高い位置でボールを奪うと、ジャン・ルカ・ヴァルドシュミットがシュート。相手GKが弾いたボールをルイス・ホルトビーが押し込み、ハンブルガーSVが先制する。対するシュトゥットガルトは前半終了間際の44分、左サイドから崩すと最後はダニエル・ギンチェクが決めて同点に。試合は1-1で終了。ハンブルガーSVの酒井高徳は先発フル出場、伊藤達哉は59分から出場している。

■ブンデスリーガ第28節
ホッフェンハイム 6-0 ケルン
シャルケ 2-0 フライブルク
レヴァークーゼン 0-0 アウクスブルク
ハノーファー 2-3 ライプツィヒ
シュトゥットガルト 1-1 ハンブルガーSV


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報