ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月09日

主将・酒井高徳から粋な計らい、ファンの子供達にアイスをプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節のアイントラハト・フランクフルト戦で敗戦を喫し、自力での1部残留の可能性が潰えたハンブルガーSV。それでも週末の試合では、ヴォルフスブルクが敗れ、そしてハンブルクが勝利を収めるならば逆転残留の可能性も残されている状況だ。

そんななかで行われた火曜日のハンブルクのトレーニングでは、休日ということもあり数多くの子供達の姿も。そこで主将の酒井高徳からの発案により、練習後チームから子供達へとアイスクリームが振舞われた。

このことについて、クリスチャン・ティッツ監督は「大勢の子供たちをみて、選手たちが練習後にアイスをプレゼントするという考えが出たんだ。それは良いことだよ」と目を細め、さらに実際のトレーニングで見せた選手たちの印象についても「何人かの選手には週末の試合の影響がみられた選手もいたのだが、しかし今はグラードバッハ戦にむけて100%集中できている」と評価。

特にそのなかで集中して練習に取り組んでいた選手が、前節のフランクフルト戦にて、開幕戦以来となる復帰を果たしたニコライ・ミュラーだろう。「まだいきなり先発のオプションになれるのか、僕にはわからないけどね」と語ったベテランウィンガーだが、一方のティッツ監督は「ニコライがオプションとなる可能性はある。週末にどういった感じになるか。見極めていくことになるよ。負荷に対してどういったリアクションをみせるかなどね」と説明。「ただ意欲はとても感じられるし、本来の我々のあるべき姿だと思う」と言葉を続けている。

なお前節では、脳しんとうのためにハーフタイムで交代を余儀なくされて射た伊藤達哉については、筋肉系に問題を抱えるアーロン・ハントと共に軽めの調整に終始したものの、水曜日もしくは遅くとも木曜日には復帰が共に見込まれているところであり、最終決戦にむけてクリスチャン・ティッツ監督は、全ての選手をオプションとして試合に臨むことができそうだ。

そしてできるならばそこで、今回のアイスクリーム以上に大きなプレゼントを、本拠地に詰めかける大勢のファンたちに届けたいところだ。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報